美しい肌のための基礎知識

Popeye-3-252745_371x268
ほうれん草と言えばポパイ

疲れた~、といつも言っている人に多いのがミネラル不足です。

カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などが不足するとエネルギー代謝が落ちてきて、とても疲れやすくなります。

 

例えば糖尿病の方は、尿の頻度や量が多くなり、尿と一緒にマグネシウムや亜鉛がながれだしてしまい、代謝が落ちて来て疲れ安くなります。

 

そして、あなたのように、女性の場合は食が細く、そもそも十分なミネラルが摂れていないことも珍しくありません。さらに生理などで失われるのは鉄分だけでなく、血液に含まれるすべてのミネラルです。

 

ミネラル不足を補うにはサプリより食事。

 

バランスを考えて食事をしっかりとれば、普通はサプリは必要ありません。野菜不足を補うための野菜ジュースは糖分が多すぎたり、ラベル表記通りの栄養素が含まれていないなどの問題がよく指摘されます(国民生活センター)、あなたが期待するほどの効果がないかも知れません。

 

バランスがいい食事、と言うよりむしろ野菜をお肉を多めにとることや吸収のいい方法で食事をして、不足するミネラルを補うようにしてください。

 

例えばお茶を飲むなら粉末茶ヤーコン茶、牛乳よりもヨーグルトにするだけで、摂れるミネラルの量は大きく変わります。

バランスのよい食事を取ることで、美容ドリンクの効果もグンっとアップします。

例えばコラーゲンを効率よく再生するためにはビタミンCやカルシウムがとても大切です。

Sleeping-on-your-stomach
朝の2度寝、贅沢~!

春眠暁を覚えず、『孟浩然』詩。。

あっ、これを見ただけで眠くなったでしょ、高校の漢文の授業を思い出して、

 

冬のように布団にいつまでもくるまっている必要もないのに、眠いですね。

 

それって、ひょっとしたらあなたの体がまだ冬時間のままなのかも知れません。

冬と違って、日の出は早いのでなんとなく、体は目覚めようとしている、でもあなたは冬と同じ時間で活動している。そのために十分な睡眠が取れない。

 

もし、そうだったら、早寝早起きのチャンス!

日の光を浴びると体内のリズムがリセットされ、目が覚めてきます。そして、起きて思いっきりのびをして、神経にスイッチを入れれば意外に眠くない物。

思い切って早起きの習慣をつけるチャンスです。

リズムをつけそこなうと一日中なんとな~く、だるいまま終わってしまいます。

ここは自分に活!

 

春はこの季節の時差ぼけで、心も体も不安定になりがちです。フォンテ・スノーホワイトをアロマテラピー代わりに使ってみてください。

Woman with tablet computer on the beach
GWにのんびりビーチで。。。
その後に待っていること 

 

肌の老化が進むからと紫外線をさけていても

思いっきり、海外の海で遊びたい。

後のことは忘れて真っ黒に日焼けして、友達に自慢したい

 

 

しかし、日焼けの後のたたり。。

一気に日焼けしてしまうと、皮がむけて汚くなったり、後でヒリヒリ痛くて困りますよね。

 

日焼けは結局やけどですから、

 

 

なるべく痛くならず、綺麗に日焼けする方法は

 

午前中に、日陰で、日焼け。

しっかりサングラスも!(最近の研究では目から入ってきた紫外線に、体全体が反応してメラニンを生成すると言われています)

日焼けしたその後は冷たいシャワーを浴びて

 

午後は紫外線をさけてショッピングやゲームで

 

そうすれば、あなたも綺麗な小麦色の肌に

 

しかし、

紫外線は肌の奥まで浸透して、真皮層の細胞のDNAにダメージを与えます。

つまり、次に再生してくる細胞は、あなたの本来の細胞の、ぼやけたコピーになってしまいます。

 

 

心配しているぐらいなら「奇跡の果実を使ったドリンク、フォンテ」を試して下さい。

 

images
馬の写真、プラセンタというと馬、牛、豚の胎盤
http://uma-furusato.com/column/detail/_id_69985
から転載

 

プラセンタは最近人気の素材ですね。

プラセンタと言うとの胎盤、薬のCMで臍帯血が、なんて言うのを思い出します。白血病の治療などに使われていますね。

胎盤は、そのとなり。

 

 

プラセンタを原料とした薬品としてはこんな物があります。

ラエンネック・・プラセンタの一種で肝臓の治療薬として利用されています。
メルスモン・・更年期障害の治療薬として利用されています。

薬品は日本人の女性の胎盤を原料としています。

 

 

 

 

健康食品に使われているプラセンタは馬、牛、豚などの胎盤から抽出したもの。

一方マリンプラセンタは鮭から抽出したもの、鮭卵巣膜から抽出した鮭卵巣膜抽出物です。

 

プラセンタの成分は大部分がタンパク質やアミノ酸でカルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラル、各種酵素が微量に含まれた物です。

 

多彩で稀少な有効成分をいっぺんに取ることが出来るすぐれ物です。

 

しかし、プラセンタで食事代わりという訳にも行きません。

やっぱり、バランスがとれた食事はかかせませんね。

菲薄、難しい使い慣れない漢字ですが、粗末で劣っていること、と言うかなりショッキングな意味です。

皮膚が薄く弾力がなくなった状態のことです。

image 
細胞1つ1つが水分や弾力を失ってきます

肌の菲薄化も年齢とともに減少する女性ホルモンのの影響によるものです。

年齢とともに女性ホルモンの分泌は徐々に減りだし、更年期とともにグッと減って来てしまいます。

そうなると新陳代謝も低下しコラーゲンやエラスチンの生成、肌の細胞を作り出す力も減って来てしまいます。

そして、肌が薄くなれば炎症が起きたり、傷つきやすくなります。

また皮脂腺の活動も衰えるため、肌の天然の保湿剤、軟化剤である皮脂の分泌も減って来てしまいます。

昔のような、ハリのある肌、しっとりとした吸い付くような手触りも失われていきます。

プリント
肌のうるおいがどんどん逃げていく

20歳をピークに女性の肌は乾燥がちになってきます。これは角質の潤いを保つ肌の天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。

乾燥肌はおばさん顔を産む悪循環

特に冬は空気が乾燥しているため、角質層の表面が乾燥し、すきまができます。このすきまから、さらに水分が蒸発していくと言う悪循環。

その結果は、小じわ。口角や目尻の小じわを増やしていきます。

なんとなく、年寄り臭い、年齢を感じさせる嫌な小じわが増えていきます。

 

乾燥による肌のダメージを防ぐ

年齢に女性ホルモンが減少し、天然の保湿成分が減ることが大きな原因です。

肌に水分を与えるこまめなケアが大切です。

オイルや保湿成分を含んだ化粧水でのケア

加湿器を使って乾燥を防ぐ

そして、コラーゲンやタンパク質をたっぷり取ることです。

image あらゆる刺激で生まれる活性酸素

活性酸素って聞いたことありますよね?

テレビを見ている限り、活性酸素は悪役の代表格、バイキンマンか、ヴォルデモートかみたいな感じですが、本来は体に入ってきた病原菌などとと戦う正義の味方です。

ところが、ストレス、紫外線、タバコ、大気汚染、電磁波などなどが増えすぎて、活性酸素が大量にあまるようになってしまいました。

あまった活性酸素は、体の中のあらゆる細胞を酸化させていきます。

 

活性酸素が、肌の細胞を傷つければ、老け顔の原因に。臓器の細胞を傷つければ、生活習慣病になっていきます。

 

ストレスがヤバイ、活性酸素の意外な原因

ストレスと言うと精神的な物をイメージしがちですが、過度な運動や睡眠不足もストレスです。

ストレスでタバコや酒が増えれば、それも活性酸素を増やす原因になります。

 

 

image 
活性酸素が多くなりすぎると
色々な悪影響が

活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させ、ダメージを与えます。時にはDNAレベルで損傷を与えます。

酸化したコラーゲンは古いゴムのように弾力がなくなり、ダメージを受けたDNAは健康な細胞を産まなくなってしまいます。

 

手を打たなければ加速度的にダメージがすすみます。

 

酒、タバコ、大気汚染、紫外線は生活の中で気をつけることができますが、ストレス管理にも気をつけて下さい。

 

いつまでも健康で若々しさを保つためには、ストレス管理が大切です。

ストレス解消などというと、難しく考えがちですが

 

一番簡単なストレスが解消方法?

一つは、軽い運動(散歩やストレッチ)、ぬるめのお湯でのお風呂やシャワーです、軽い運動はリラックスさせてくれる副交感神経を刺激します。血流がよくなることで活性酸素を消費してくれます。

この軽い運動というのは心療内科で、うつの人にも勧める確かな方法です。

 

これが、活性酸素を除去する食べ物

酸素水や水素水

ポリフェノールを多く含んだもの

EPA,DHAなどのオメガ3(ω3)の不飽和脂肪酸

そして、現在驚く効果がたくさん報告され注目を集めているシトルリンです。

シトルリンはカラハリスイカにも豊富に含まれています。

光老化とはなんだ?

image
紫外線・ブルーライトは肌の奥までダメージ

老化の原因のトップにあげられるのが光老化。

長年紫外線を浴び続けることで、シミ・しわ・たるみなどを引き起こす紫外線によるダメージです。

最近では、皮膚の老化は加齢よりも光老化のほうが要因は大きいことがわかってきていて、1年中の紫外線対策は皮膚の老化に対して必須条件です。

最近ではスマホ、パソコン、テレビなどの液晶からのブルーライトも問題となっています。

紫外線は真皮層に届きダメージを与え、ブルーライトは表皮の一番奥、基底層にダメージを与えます。

 

光老化のダメージが大きいわけ、わかりますか?

image
光は肌の構造にまでダメージ
しわの原因となります

皮膚は下(奥)から再生されきます。つまり、基底層や角質層にダメージがあれば、次に再生されてくる皮膚もダメージを受けた状態になります。

言い方を変えれば、紫外線やスマホのブルーライトは、これから再生してくる皮膚にダメージを与えています。

ダメージが蓄積され、皮膚の細胞の構造が壊れる、それがしわの原因になります。

 

基底層や真皮層には化粧品は届かない

ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸など、低分子化された化粧品もたくさんありますが、角質層や顆粒層、有棘層までで、届くことはありません。化粧品による肌の表面からのケアには限界があります。ダメージを受けているのは、化粧品が届かないところだから。

 

光老化をケアする方法はあるのか?

もちろんあります、UVカットの日傘や、帽子、PA値の高い化粧品(PA++++)を使うことです。SPFで化粧品を選んでいる方も多いと思いますが、SPFはUV-Bのカット(日焼け防止のためで、肌の老化に影響が高いUV-Aをカットするわけではありません)

 

 

そして、一番大切なのは

化粧品が届かない体の中からのケアです。

夏の紫外線は、日陰にいてもやってきます、そして地面からの反射でも。だから日傘や帽子だけでは防ぎ切れません。

もちろん化粧品でも、UVカット100%と言うのはありません。

 

念には念を入れて、触った人が喜ぶ、感激する、触れられると嬉しい、そんな柔肌をいつまでも。

 

体の中からのケアには、美容ドリンク、フォンテ・スノーホワイト、楽天でも購入いただけます。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 フォンテ

静岡県駿東郡清水町玉川142-2-106

製品、会社に関するお問い合わせはお気軽に

TEL 055-946-6110

FAX 050-3488-2015

メルマガ読者募集

40代をエンジョイしたい 女性の応援メルマガ
毎月々メルマガ読者にプレゼント。
届くメルマガの内容はブログに準じています
*メールアドレス
名前
*お住まいの都道府県
生年月日




どんなメルマガが届くのかもっと詳しく知りたい方はこちら